ツアー 氣志團學園 〜愛羅武勇からはじめよう〜

ツアー「氣志團學園〜愛羅武勇からはじめよう〜」について

ツアー「氣志團學園〜愛羅武勇からはじめよう〜」について


2005年12月7日から2006年4月2日、ホールGIGツアー“氣志團學園〜愛羅武勇からはじめよう〜”が全国展開されました。丸4ヶ月間という長丁場は、ツアーの多い氣志團にとっても初の試みでした。

ストーリーは、メンバーらが在学する「氣志團學園」が“S4”と呼ばれるエリート学生4人に支配され、それを防ぐために闘うという、人気マンガ『花より男子』のパロディを基軸にしたものです。

“S4”役は、氣志團の弟分ユニットである微熱DANJIの3人に、マネージャーの中野“プリオ”大介を加えた4人が演じました。

もともと、氣志團のGIGでは、衣装は言うまでもなく、モニターに流すストーリーフィルム、舞台セット、曲目ごとの寸劇に至るまで、音楽ライヴとは思えない本格的なステージを追求してきましたが、“氣志團學園〜愛羅武勇からはじめよう〜”は、それまでの氣志團のステージの中でも比類ない規模でした。

最終公演の4月2日・3日の横浜アリーナ公演では、團長の綾小路翔をして「やりたいことは全部やりつくした」と言わしめる充実したツアーになりました。しかし、ファンはもちろん、メンバーにとっても予想外なことに、このツアーはDVD化されませんでした。

氣志團のGIGは臨場感・一体感を旨とするため、必ずしもすべて映像化されているわけではありませんが、至上稀な完成度を誇る“氣志團學園〜愛羅武勇からはじめよう〜”が記録に残らなかったことには、未だに惜しむ声があります。一方で、DVD化されなかったことにより、いっそうこのステージが伝説化したとも言えます。