氣志團 アルバム『TOO FAST TO LIVE TOO YOUNG TO DIE』

氣志團のアルバム『TOO FAST TO LIVE TOO YOUNG TO DIE』について

氣志團のアルバム『TOO FAST TO LIVE TOO YOUNG TO DIE』について



鮮やかな紫リーゼントヘアーのおじいさんのアップというジャケットは、ユニコーンの大ヒットアルバム「服部 」のジャケットのパロディ。映っているのは、中田福太郎さん(鳶職)という、れっきとした一般人ですが、ユニコーンのジャケットのモデルをつとめた中田さんを、わざわざ探し出して撮影に応じてもらったというこだわりようです。


ちなみに、紫色のリーゼントという髪型は、映画化された名作マンガ『湘南爆走族』の主人公からきていると思われます。團長の綾小路翔は、当初から自分を“永遠の16歳”と称していますが、これは、常に終りなき青春の真っ只中にあり、大人にはならないツッパリでい続ける、というスタンスの表れでした。

このような“ピーターパン・シンドローム”が、このアルバムのひとつのテーマになっています。タイトル通りの「PETERPAN EXPRESS」は、星グランマニエの作曲です。他にも「SECRET LOVE STORY」「ゆかいな仲間たち」「アンドロメダの先輩」など、グランマニエの音楽的才能が大いに発揮されているアルバムでもあります。

もちろん、シングルリリースされた「キラ キラ!」「スウィンギン・ニッポン」などの、綾小路翔のパワフルでキャッチーなロックナンバーも負けず劣らずの輝きを放っています。

また、「KISHIDAN SECRET LOVE DISC」と題された同梱のDVDには、「SECRET LOVE STORY」のプロモーションフィルムと、「男だらけの?エリカ姫携帯番号争奪!!腕相撲大会」と題されたメイキング映像が収録されています。

氣志團 SECRET LOVE STORY



このプロモーションフィルムでは、今やトップタレントとなった沢尻エリカがヒロインとして出演しています。メイキング映像では、タイトルどおり、“沢尻エリカの携帯番号をゲットする権利”をめぐって本気で腕相撲大会にのぞむ氣志團メンバーの姿や、子供のような笑顔でふざけあう彼らの姿を見ることができます。アルバムの内容、付属DVD、ジャケットデザイン、ライナーノート、どれをとっても趣向を凝らした“氣志團色”に染められたアルバムです。

セカンドアルバム『BOY‘S COLOR』で、その方向性にややためらいを見せた氣志團が、再び加速して独自の路線を疾走しつつある時期の勢いが感じられる1枚です。