氣志團 シングル Theアイシテル

氣志團のシングル『Theアイシテル』について

氣志團のシングル『Theアイシテル』について



氣志團のシングル『The アイシテル 』は、「THE アイシテル」「ネバーランド」の2曲を収録。2006年、氣志團結成10周年を記念する一大イベント“氣志團万博2008〜麗舞!麗舞!麗舞!”を前に、ファンへのメッセージとしてリリースされたものです。

もともと、“男のファンはマブダチ、女のファンは恋人候補”というコンセプトを持っていた氣志團ですが、團長の綾小路翔がblogで「そろそろ俺ら、両思いになろうぜ!!万博はお前らへのプロポーズだ!!」とファンへ発したメッセージを象徴するのが「THE アイシテル」でした。

Kishidan - The アイシテル [PV]



カップリング曲の「ネバーランド」は、綾小路が常々“永遠の16歳=ピーターパン・シンドローム”である自分がテーマパークを築きたい、と語ってきたもので、氣志團万博‘08会場となった富士急ハイランドを“ネバーランド”に変身させてファンをそこへいざなう、という意図を受けて、星グランマニエが彼流の優しく楽しいメロディに仕上げたナンバーです。

2曲とも、氣志團万博を盛り上げるテーマソングとして、ファンを大いに熱狂させました。しかし、「THE アイシテル」については、いかに曲の振れ幅の大きい氣志團とはいえ、それまでとはガラリと違うポップで洗練された“今風”のラヴソングに、とまどうファンも多かったようです。

氣志團万博’08以降の活動休止、同年12月の綾小路の入籍騒動などと相まって、一部の氣志團ファンにとっては、複雑な思いを抱かされる1枚となりました。