氣志團現象RADIO GIGS 綾小路“セロニアス”翔のオールナイトニッポン伝説!

氣志團現象RADIO GIGS 綾小路“セロニアス”翔のオールナイトニッポン伝説!について

氣志團現象RADIO GIGS 綾小路“セロニアス”翔のオールナイトニッポン伝説!について


本書は、2001年からニッポン放送の『オールナイトニッポンr』『オールナイトニッポン.com』『オールナイトニッポン』のパーソナリティーを務めた綾小路翔の活動をまとめた本で、2003年8月、ニッポン放送プロジェクトから発行されました。

内容は、初めてのラジオ出演となった2001年8月22日オンエアの『オールナイトニッポンスペシャル』、そして『r』からは2002年1月25日放送分、『.com』からは2003年2月14日放送分を、それぞれ誌上再録しています。

また、発刊当時、まだ『オールナイトニッポン』を続けていた綾小路のインタビューが3本、森山直太朗、GLAYのTAKURO、THEALFEEの高見沢俊彦、山下久美子ら、著名人からのメッセージも寄せられています。

かと思えば、綾小路の手による氣志團メンバーへのコメント(顔写真へのラクガキつき)や、当時のラジオ活動を支えていたスタッフたちをカラー写真で紹介したり、放送ブースへ向かう綾小路を、赤絨毯を敷きながら迎えるスタッフという構図の写真を載せたり、合成写真を使って「綾小路翔整形流出写真」というコーナーを設けたり、果ては当時のリスナーによるマンガ『おっかしぃ〜の!』を全編掲載するなど、真面目なものから子供じみた馬鹿馬鹿しい冗談まで、さまざまな要素が盛り込まれた一冊となっています。

しかし、この“真剣で、同時に馬鹿馬鹿しい”というスタイルは、氣志團と綾小路そのものを表しているともいえます。一度も放送を聞いたことがなくても、この本を読めば、当時の様子がありありと浮かんでくる、優れた記録です。