錦織激団(にしきおりげきだん)

錦織激団(にしきおりげきだん)について

錦織激団(にしきおりげきだん)について


錦織激団(にしきおりげきだん)は、氣志團の弟分ユニット・微熱DANJIのリーダーでもある、錦織純平が座長となって立ち上げたエンターテイメント集団です。

同じく微熱DANJIの二階堂腱ヂ、元網走J.Jの舘わるし(たち・わるし)、俳優にして氣志團のバックダンサーもつとめる野呂拓哉(のろ・たくや)、独特なキャラクターが印象深いオダワラジョー、女優・リポーターの他にも舞台演出・脚本を手がけるマルチなタレント笹峯あい(ささみね・あい)らが団員となっています。

もともとは、彼らの所属するオフィス男闘呼塾エンターテインメントの宴会の席上で、氣志團の團長・綾小路翔の命令で始めた余興に端を発しています。2006年、第1回公演「錦織激団とおしゃれなノースリーブ」で本格的に活動を開始しました。

当初は氣志團つながりのファンや観客がほとんどでしたが、錦織の類稀なセンスによる脚本・演出と、実力派のキャスト、スタッフらによって、独自のファン層を開拓するようになりました。第2回公演「人人〜ヒットマン〜」第3回公演「お空に向かってありがとう」も大盛況のうちに幕を閉じ、現在も精力的に活動を続けています。