氣志團 マネージャー 明星真由美

氣志團のマネージャー明星真由美について

氣志團マネージャー明星真由美について


明星真由美(みょうせい・まゆみ)は、1970年・大阪生まれ。早稲田大学演劇研究会を経て、1990年、劇団「双数姉妹」設立に参加し、舞台女優として活動していました。2001年、氣志團と出会い、彼らの才能に惚れ込んで女優業を休業し、氣志團のマネージャーを務めるようになりました。

同じくマネージャーである山口“労働1号”伸也(山口伸也)や、中野“プリオ”大介(中野大介)らとともに、ドキュメンタリーやメイキングDVD等にもほぼ毎回出演し、ファンにはお馴染みのスタッフの一人となりました。

大ヒットしたドラマ『木更津キャッツアイ』では、氣志團が所属する会社の悪徳社長の役を好演したり、GIG(ライヴ)のステージでも、幕間のステージを一人で勤めたりと、芸達者で有能な明星“テポドン”真由美は、メイジャーデビューからヒットチャートへと躍り出た氣志團にとって、なくてはならない存在でした。

氣志團が芸能界の中で確固たる位置を占めるようになると、2005年8月、多くの氣志團ファンに惜しまれつつマネージャーを引退し、舞台『エドモント』で女優業に復帰しました。シス・カンパニーに所属し、舞台のみでなく、TVドラマ『カバチタレ!』『3年B組金八先生』などにも主要な役柄で出演するなど、その活躍の場を拡げています。

また、氣志團のアルバム『SIXSENSES』では、白鳥松竹梅のユニット“colophony”のデュエット曲「君の駅、俺の列車」に歌手としてゲスト参加するなど、氣志團との交流も続いているようです。

■関連サイト

Damned Daily Diary 〜氣志團マネージャー 山口伸也の いやさか!! 超過勤労日誌・
Damned Daily Diary 〜氣志團マネージャー 山口伸也の いやさか!! 超過勤労日誌・(ブログ)