氣志團現象―外伝―DVD「恋人」 レビュー

『氣志團現象―外伝―DVD「恋人」』のレビュー

『氣志團現象―外伝―DVD「恋人」』のレビュー



2002年9月、シングル『恋人/Love Balladeは歌えない』とほぼ同時期にリリースされた、氣志團初のDVDが『氣志團現象-外伝-DVD「恋人」(DVD) 』です。「恋人」のPVには、NHK教育テレビの番組『天才てれびくん』等で活躍していた有紗(ダーブロウ有紗)がヒロイン役として出演。彼女に一目ぼれする男子学生を、團長の綾小路翔が演じています。

恋人 氣志團



私立高校風のブレザーや青い学ランの制服、バイオリンを弾く有紗、お洒落でかわいらしい部屋で2人でふざけあうシーンなど、全編が少女漫画風に彩られた2人のラブストーリーの映像と、氣志團とバックダンサーの網走J.Jr(ジャニーズ・ジュニア)による演奏風景とが交互に映し出される構成になっています。

また、本編のPVに続き、“踊るポテトに見るポテト 変人ダンス講座「SOUL☆SCHIZOID MEN」”として、ダンス&スクリーム担当の早乙女光、網走J.Jrの星屑輝矢と二階堂腱ヂの3人による、「恋人」の振り付け講座が作られています。

「恋人」をはじめ、氣志團の主だった曲には、決まった振り付けがついていることが多く、熱心なファンはこれらをマスターしていますが、それを配慮してか、たびたびこのような振り付け映像がおまけとしてつけられることがあります。

また、さらに“密着!GENBA24時”と題したメイキング映像も収録されています。「恋人」のミュージッククリップ作成時の、メンバーたちの様子、スタッフとのやりとりなど、彼らの素顔を垣間見ることができる映像ですが、ひたすらヌンチャクの稽古をして、ラストでは血のついた手を洗い流している白鳥松竹梅の姿や、大学受験の過去問を解く西園寺の横で、幼児向け絵本を真剣に見詰める早乙女光の姿など、もともとのキャラクター設定に応じた“ネタ”をあちこちにちりばめている点もまた、氣志團らしい遊び心として楽しむことができます。

最後に“セロニーのSWEET MEMORIES”と題された映像では、綾小路翔が、島田信輔扮するツッパリの先輩に呼び出されて喫茶店へ赴き、そこで自らの初恋の思い出を語る、というストーリーです。

最後には、当の初恋の女性を早乙女光が見つけ出してくるが、既に太った中年のおばさんになっていた、というオチ付きです。「恋人」1曲だけで、ここまで楽しませるDVDを作り上げてしまうのも、氣志團の才能とサービス精神の賜物といえるでしょう。