氣志團 ベストアルバム 房総魂〜SONG FOR ROUTE127〜

ベスト盤『房総魂〜SONG FOR ROUTE127〜』

ベスト盤『房総魂〜SONG FOR ROUTE127〜』



2008年6月、氣志團のベストアルバム『<KISHIDAN GRATEFUL EMI YEARS 2001-2008> 房総魂 〜SONG FOR ROUTE 127〜 』がリリースされました。

これ以前の2年余り(2006年8月の“氣志團万博”以来)、氣志團は事実上、バンドとしての活動を休止していました。GIG(ライヴ)によるファンとのコミュニケーションを重視し、年に2回はツアーを行っていた氣志團の活動休止は、ファンにとって非常に長いものでした。

また、正式な休止宣言やファンへの説明がなかったこと、“永遠の16歳”を標榜していた綾小路翔が入籍報告をしたこと、氣志團の活動休止中、DJ OZMAの名で盛んに活動したことなども相まって、ファン心理としては、非常に不安な時間でもあったのです。

そのような経過を経てリリースされたこのアルバムは、2枚組CD+DVDという、それまでの氣志團の集大成とも言える内容になっています。

GIGのオープニングナンバー「房総スカイラインファントム」から始まるこの2枚組アルバムは、氣志團の全シングルに加え、「甘い眩暈」「鉄のハート」「BOYS BRAVO!」「愛羅武勇」など、それまではアルバムでしか聴くことのできなかった名曲の数々も収録されています。

氣志團 房総スカイラインファントム



ファンにとってはいずれも外せないナンバー全33曲は、さながら氣志團のGIGをCDで再現したかのような豪華さを見せています。また、DVDは、プロモーションフィルム15曲に加え、それまで未収録だった「キラ キラ!」「族」「愛羅武勇」3曲のライヴバージョンが収録されています。

『房総魂』を買えば、全てを聴くことができる、まさに氣志團のベスト・ベスト・アルバムになっています。

>>楽天で氣志團のベストアルバム「房総魂〜SONG FOR ROUTE127〜」を探すならコチラ!