氣志團 127

氣志團と“127”について

氣志團“127”について


氣志團とそのファンにとって、“127”という数字は特別な意味を持っています。

團長の綾小路翔らがツッパリ時代に所属していた、地元・木更津の暴走族「夜騎士(よぎし)」が、いつも走っていた道路が国道127号線だった、というところにその端を発します。

故に、氣志團はメジャーデビューの日付は2001年12月7日、写真集『Boys bravo! 』の刊行も2005年12月7日、“HALL GIG TOUR 2005→2006氣志團學園〜愛羅武勇からはじめよう〜”のスタートも12月7日、その他にも、イベントの告知や重要な発表がある時は、この日を節目とすることが多くあります。

また、“127”という数字の並びから、1月27日も12月7日に次ぐ日として扱われています。

実際、2008年以来、3年近く活動休止していた氣志團が、日本武道館でのGIGによって活動を再開することを発表したのも、2009年1月27日のことでした。

また、活動休止中、メンバーの早乙女光が、DJOZMAファミリーのダンサー・PANCHOとして多忙を極めていたにも関わらず、オフィシャルホームページのブログで、12月7日の記事にはリーゼント姿の写真をアップしたという、ファンへの思いやりが見えるエピソードもあります。

12月7日は、氣志團メンバーとファンにとって、大切な記念日であると同時に、毎年「何かが起こる」日でもあるのです。